So-net無料ブログ作成
検索選択

ADリッチクリームが高い評価の5つの理由【お試し有り】 [ADリッチクリームのお試しや口コミ]

一度出来てしまうと強烈な痒みを帯びて直りが遅い、見た目も赤くてがさがさで良くない、掻くと悪くなるの分かてても、掻かずに居られない辛いアトピー

そのアトピーに高い効果が出ると評判のADリッチクリーム「5つの特徴」とは?

①「抗体配合」ダチョウ卵黄エキス入り
アトピー原因は自信の免疫過剰反応によって大量に作り出された「抗体」によるもの、ADリッチクリームの抗体配合ダチョウ卵黄エキスは、この乱れた免疫の過剰反応を抑える効果があるとされています。ADリッチクリームは荒れた肌表面を安定させていきます。

②肌本来の力を最大限に!!
綺麗な肌はケア製品によって作られるのではなく、新しく作られた肌が、古い肌を押しのけて表面意出る繰り返し(新陳代謝)によって作られています。
ADリッチクリームは自分自身の皮膚再生能力を最大に発揮できるように考えられています。

③肌の表面と皮膚の下をしっかり保湿
アトピー肌は乾燥すると、痒くなりやすく、雑菌の侵入を許しやすくします。
ADリッチクリームの保湿力は肌の表面と皮膚中に、表面を保湿で守ることで「痒み」を防ぎ、皮膚の下を守ることで「異物混入」を防ぎます。

④デリケートな肌の為に
ADリッチクリームは、肌に刺激が強いボディーソープなどに含まれてる「石油系合成界面活性剤」や「パラベン」「フェノキシエタノール」など防腐剤を使っていません。

肌の弱い小さなお子様でも安心して使う事が出来ます。

⑤肌のpHバランスのしっかりキープ
ADリッチクリームはアトピーの症状を軽くするだけではなく、。pH(水素イオン濃度)バランスの事も考えられて居ます。 美しい肌の為には弱酸性をキープできるようにしています。


辛いアトピーも「ADリッチクリーム」なら楽になれる
安心価格のトライアルでしっかりお試し

⇒ 詳しくはこちらの公式サイトから



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

アトピーを自分で何とかしたい [アトピー 洗顔・食事]

アトピーはアレルギーの一種、体に害が無いハズの物を害が有る物と判断して間違った対応をしてしまうのです。免疫が過剰に反応してすぐに「抗体」を作ってしまうから、赤くなり、ガサガサして、めちゃくちゃ痒くなります。

我慢できず掻いてしまうと、当然皮膚を傷つけて悪い方向に進んでしまいます。 皮膚に刺激を与えず痒くても掻かない事を続けれれば、症状を軽く出来ます。


入浴時の勘違い
石鹸やボディーソープは無理やり古い肌を剥す為の物です。 健康な肌には問題ないけど、赤く日焼したときなど、アトピー意外でも皮膚が弱ってる時に石鹸類を使うのは、肌をいじめる結果になります。

そして無理に擦らずに皮膚を刺激せず自らの新陳代謝に任せましょう。


保湿クリームは使う前に確認
アトピー肌は乾燥させてはダメホコリなどの皮膚へ付着を許したり、ちょっとした温度差に反応して痒くなり始めたりします。 だから常にオイルか何かで肌を守って上げなければなりません。

しかし美白用の化粧水や保湿クリームを使うと刺激が強くて逆効果です「ホホバオイル」やアトピー専用の保湿クリームでデリケート肌表面をカバーしてあげましょう。

熱いシャワーは気持ちが良い♪
アトピー肌にやってはいけない事は、肌に刺激を与える事です。しかし全ての刺激から守る事なんて絶対無理です。

一番いけないのは「掻いてしまう事」や「ごしごし擦ってしまう事」など自分自身で肌に傷を付ける事です。

だからアトピーの場所は、擦らずシャワーで洗い流すのが一番!!

やっては行けないとされていますが「熱めのシャワー」を痒い所に充てると超気持ち良いですよ!!

熱さは自分で調節して見てください♪

我慢できない痒さは本当に地獄です。 掻くのを我慢しろと言われても到底無理です。掻いて肌を傷つけるくらいなら熱いシャワーの方が何倍も皮膚に優しいです。



【ADリッチクリーム】




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

アトピーを治すコツ【痒くしない工夫】 [アトピー 洗顔・食事]

アトピーは掻いてしまうと余計に痒くなってしまします。掻くって行為は「皮膚」爪で傷つけて居るので、間違いなく状況を悪化させています。

その為掻きつづけると、見た目は「全身痛々しい肌」になり本人は「全員痒い肌」になってしまい。 本当に大事になってしまいます。 掻かなければアトピーは小さくなっていきます。そして痒くならなければ掻くのを我慢できます。


入浴時に痒くならない工夫とは
暖かい湯に長く入ってると血行が良くなりすぎて痒みが出てきます。 あまり長湯せずにサワーを活用しましょう。そして出来るだけ熱くないお湯を使いましょう。

潤いが無くなって乾燥すると、雑菌が侵入しやすくそして痒くなりやすくなります。 体を洗う時は肌を気付付けやすいタオルは避けて「ミクロピュアタオル」がおススメです。 そして泡立てた石鹸で肌を傷つけない様に優しく洗っていきましょう。


口にするものを工夫
アルコール類は入浴同じで血流を良くし、刺激のある香辛料も痒みを促すって言います。

そして【糖分】や【脂肪分】を多く含んでる食物も痒みを悪化させるらしいので好きでも少し我慢した方が良いです。

あとアトピーの人は、基本アレルギー体質の人が多いので、自信にアレルギー反応を起こしてしまう食材が無いか知っておく必要は有ります。


直接肌に触れる衣類
「ウール」など肌にチクチクする素材には気を付けましょう。 アトピーは過敏な免疫の活動が巻き起こした結果です。 皮膚に害が無い物に対しても過剰反応知る事があるので注意が必要です。

「鉄フタロシアニンテトラカルボン酸」と言う成分で染色した物がアトピーなど荒れた肌に良いそうです。 下着を選ぶときは鉄フタロシアニンテトラカルボン酸染色の物は絶対おススメです。 普段気を付けても睡眠中無意識に掻きむしってしまう人は多いいですから。



【ADリッチクリーム】




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

ADリッチクリームで本当の保湿【アトピー肌】 [ADリッチクリームのお試しや口コミ]

どうしていいか分らないアトピーの肌の悩み色々
お肌のガサや潤いの偏り
透明感ある美白肌に憧れる
傷付けない様に気を配っても油断すると、かいてしまう
いろんな薬を買って試したけど「かゆみ」抑える事が出来なす
せめて化粧でキレイ隠せるようにしたい


アトピーなど肌トラブルは不完全な保湿から
アトピーなど肌トラブルは起きてしまうと、なかなか治りません。 その理由は肌トラブルは「角質」に影響し、固く肌の表面をおおって事が多くその為「保湿」が行き届かなくなります。

最近流行りのスクラブなどで無理に角質をこすり落とそうとしても、結果表面の見た目だけで、返って肌を気づ付けてしまいます。 本当にしっかり保湿されないと「かゆみ」「肌荒れ」が何度でも繰り返し、辛い状態が続きます。

辛いかゆみの原因は菌の増殖
虫に刺された訳でも無いのに、どうしてかゆくなるのでしょう? その原因は黄色ブドウ球菌という菌が増殖し「かゆみの原因」放出するからです。

黄色ブドウ球菌が増える原因は、肌質が「アルカリ性」に傾く事から始まるようです。

ADリッチクリームで落ち着かす
ADリッチクリームは、難しい肌トラブルに対し持ち前の保湿力でケアして行きます。

医療の場で使われてる「無添加オーガニック」処方に拘って、「顔」だけじゃなくデリケートな部分を含む全身用ケア用クリームです。

表面だけではなく、肌の奥底に浸み込み保湿を保たせる事で、アトピーなど問題肌に効果が期待できます。

⇒ ADリッチクリーム詳しくはこちらの公式サイトから






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

アトピーはなんでかゆくなるの? [アトピー 洗顔・食事]

アトピーでかゆくなる理由
①空気が乾燥するとかゆく反応
春先など空気が乾燥すると、皮膚も乾燥しやすくなるので保湿によるバリア機能が弱くなります。

そうなると外部からの刺激を受けやすくなるの「かゆみ」を発生させやすくなります。

②暑さで汗かく
暑くなって気温が上昇すると汗をかきやすくなりますね。 汗自体は「ある意味」潤いであって保湿効果があるので、かゆみを防いでくれます。

でも、汗かいたままだと肌が不潔になってします。雑菌増えて肌への刺激となってしまいます。

③ストレスや不規則な生活から
精神的なストレスや、不規則な生活か疲れてしまうとホルモンのバランスが悪くなります。するとアレルギー反応が起こりやすくなります。

④肌への刺激でかゆくなる
アトピー持ちで免疫反応が強い人は、ちょっとした肌への刺激だけでもゆくなってしまいます。

⑤食べものアレルギー
アトピーの人食物アレルギーがある人が多く、食べたものの中に免疫反応してしまう物があると、全身がかゆくなる事が有ります。

アルコールや香辛料などの刺激物、そして、卵や蟹や海老などの甲殻類でもアレルギー反応を起こす事が有ります。

アトピーになりやすい人は
「花粉症」や「気管支喘息」や「アレルギー性鼻炎」そして「結膜炎」などを患ってる人が多く、自分じゃなくても家族の中にアレルギー持ち人が居る、アトピーになりやすかったりします。

アトピーなる前兆は
①保湿の低下から皮膚のバリア(防御機能)が低くなる事から始まります。

そして皮膚のバリアが低くなると外部からの異物混入を防げなくなって、しまいます。

②免疫システムが過剰に
そして皮膚の隙間から異物混入があると、それを除去するために免疫システムが反応するのですが、免疫は異物を抗原として認識して排除するために「抗体」つくり始めます。 そして抗体が外部から侵入してきた「異物」にくっつく事で無力化し排除して行くのですが、この免疫システム過剰に頑張り過ぎると体に無害な物に対しても「抗体」作り始めてしまい調子が悪くなってしまいます。

この状態がアレルギーで、アトピーもアレルギーの一種です。



デリケートは肌をしっかり保湿【ADリッチクリーム】




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容