So-net無料ブログ作成

アトピーを治すコツ【痒くしない工夫】 [アトピー 洗顔・食事]

アトピーは掻いてしまうと余計に痒くなってしまします。掻くって行為は「皮膚」爪で傷つけて居るので、間違いなく状況を悪化させています。

その為掻きつづけると、見た目は「全身痛々しい肌」になり本人は「全員痒い肌」になってしまい。 本当に大事になってしまいます。 掻かなければアトピーは小さくなっていきます。そして痒くならなければ掻くのを我慢できます。


入浴時に痒くならない工夫とは
暖かい湯に長く入ってると血行が良くなりすぎて痒みが出てきます。 あまり長湯せずにサワーを活用しましょう。そして出来るだけ熱くないお湯を使いましょう。

潤いが無くなって乾燥すると、雑菌が侵入しやすくそして痒くなりやすくなります。 体を洗う時は肌を気付付けやすいタオルは避けて「ミクロピュアタオル」がおススメです。 そして泡立てた石鹸で肌を傷つけない様に優しく洗っていきましょう。


口にするものを工夫
アルコール類は入浴同じで血流を良くし、刺激のある香辛料も痒みを促すって言います。

そして【糖分】や【脂肪分】を多く含んでる食物も痒みを悪化させるらしいので好きでも少し我慢した方が良いです。

あとアトピーの人は、基本アレルギー体質の人が多いので、自信にアレルギー反応を起こしてしまう食材が無いか知っておく必要は有ります。


直接肌に触れる衣類
「ウール」など肌にチクチクする素材には気を付けましょう。 アトピーは過敏な免疫の活動が巻き起こした結果です。 皮膚に害が無い物に対しても過剰反応知る事があるので注意が必要です。

「鉄フタロシアニンテトラカルボン酸」と言う成分で染色した物がアトピーなど荒れた肌に良いそうです。 下着を選ぶときは鉄フタロシアニンテトラカルボン酸染色の物は絶対おススメです。 普段気を付けても睡眠中無意識に掻きむしってしまう人は多いいですから。



【ADリッチクリーム】




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。