So-net無料ブログ作成

アトピーを自分で何とかしたい [アトピー 洗顔・食事]

アトピーはアレルギーの一種、体に害が無いハズの物を害が有る物と判断して間違った対応をしてしまうのです。免疫が過剰に反応してすぐに「抗体」を作ってしまうから、赤くなり、ガサガサして、めちゃくちゃ痒くなります。

我慢できず掻いてしまうと、当然皮膚を傷つけて悪い方向に進んでしまいます。 皮膚に刺激を与えず痒くても掻かない事を続けれれば、症状を軽く出来ます。


入浴時の勘違い
石鹸やボディーソープは無理やり古い肌を剥す為の物です。 健康な肌には問題ないけど、赤く日焼したときなど、アトピー意外でも皮膚が弱ってる時に石鹸類を使うのは、肌をいじめる結果になります。

そして無理に擦らずに皮膚を刺激せず自らの新陳代謝に任せましょう。


保湿クリームは使う前に確認
アトピー肌は乾燥させてはダメホコリなどの皮膚へ付着を許したり、ちょっとした温度差に反応して痒くなり始めたりします。 だから常にオイルか何かで肌を守って上げなければなりません。

しかし美白用の化粧水や保湿クリームを使うと刺激が強くて逆効果です「ホホバオイル」やアトピー専用の保湿クリームでデリケート肌表面をカバーしてあげましょう。

熱いシャワーは気持ちが良い♪
アトピー肌にやってはいけない事は、肌に刺激を与える事です。しかし全ての刺激から守る事なんて絶対無理です。

一番いけないのは「掻いてしまう事」や「ごしごし擦ってしまう事」など自分自身で肌に傷を付ける事です。

だからアトピーの場所は、擦らずシャワーで洗い流すのが一番!!

やっては行けないとされていますが「熱めのシャワー」を痒い所に充てると超気持ち良いですよ!!

熱さは自分で調節して見てください♪

我慢できない痒さは本当に地獄です。 掻くのを我慢しろと言われても到底無理です。掻いて肌を傷つけるくらいなら熱いシャワーの方が何倍も皮膚に優しいです。



【ADリッチクリーム】




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。